flower border

BLOG NOTE

管理人の日常

ツバメの子育て放棄

Categoryつばめ
7月17日に孵化した4羽のヒナですが、1週間経った頃に異変が起きました。

朝方、庭に1羽のヒナの死骸があったのです。

巣の中を確認してみると、確かに1羽いません。。
巣から落ちたのか?
巣の真下なら自らの落巣と考えられますが、場所が少し離れていたので何者かにふり飛ばされたのかもしれません。
残りの3羽は元気だったので、何とか育ってほしいと思っていました。

ところが、その翌日。

なんとまた2羽いなくなりました。

巣の中には1羽しか残っていません。
今度は死骸が見つからなかったので外敵に連れ去られたのか?
親が咥えてどこかに運び去る可能性もありますが、
果たしてツバメにヒナを咥えたまま飛行する力があるでしょうか?

そう言えば、オス親の姿が見えません。飛んでくるのはメスだけです。
オスはどこかで事故に遭って死んでしまったのでしょうか。
はたまた浮気して他のメスに行ってしまったのでしょうか?

片親になるとヒナは餌が足りなくて餓死してしまうそうです。
そのため、親は元気なものだけを残して弱い子を見捨てることがあるそうです。
まれに親以外の成鳥がヘルパーとして給餌に来ることもあるらしいですが、そんな助っ人は居なさそうです。

残り1羽になったその日の夕方。

暗くなる直前までメスが給餌をしていたのは確認しています。
やがてメスは来なくなり、今日はもう終了かと巣を見上げてみると、

なんとヒナが巣の外にしがみついているではありませんか!

ピーピー鳴いて今にも落ちそうです。
咄嗟に両手を出したら、直後に手の中に落ちてきました。慌てていたのでキャッチ失敗して下まで落下(;゚Д゚)
すぐに拾い上げたものの私がパニックに!どうすりゃいいのこれ!?
まだ産毛も生えそろってない小さい小さいヒナです。
幸いまだ息はあったので、とりあえず脚立を使って巣の中に戻してやりました。
親はその後戻ってくる気配はなく、目撃されなくてよかったかも。
もし見られていたら育児放棄するかもしれませんから。

その夜は、朝まで生きてくれていたらいいと願うばかり。

次の日の朝6時。巣を見上げると中からヒナの鳴き声が!まだ生きてたー!
おっと、メスがそばの屋根に停まってヒナのほうを見ているのに気付きました。

「なんで中に戻ってるの?私が夕べ押し出しておいたのに」なんて思ってないよね?(-_-;)

ヒナ自らが勢い余って出ちゃったと思いたい。

でもその日のメス親はあきらかに変でした。
通常なら親はひっきりなしに餌を運び、ヒナに与えればすぐにまた飛び立っていくものですが、
一日中巣のふちに停まってずっとヒナの様子を見ているだけ。
時々ヒナの頭をつついたり、自分の毛づくろいをしたりしてまったく餌をあげる素振りが見られません。

これはもう育てる意思がないのは明らかでした…。

そんなメスの姿を最後に見たのは午後3時頃で、夕方にはまったく来なくなってしまいました。
お腹を空かせて鳴き続けるヒナ。可哀想だけど人間は何の手助けもしてあげられません。
ヒナは1日餌をもらえないと死んでしまうそうなので、もう永くはないと感じました。

次の日の朝。

巣の中からもう鳴き声は聞こえませんでした。
残念ながらヒナは天に召されたようです。
メスに「最後の1羽だけでも育てよう」という選択肢はなかったようです。

自然の摂理とは言え、ツバメの子育ては厳しいものだなと思いました。
今回の失敗は、オスが途中でいなくなったことに尽きます。
それでも最後の一日をずっとヒナのそばに寄り添っていたメス親の、
育児を断念せざるを得なかった無念な気持ちを思うと泣けてきます。
ツバメは本来、愛情いっぱいに子育てをする鳥なのですから。

20170729-1.jpg
最後の日。ヒナに寄り添うメス。

2 Comments

まりちゃん  

つばめちゃんたちは残念だったね。うちの会社にも毎年来るから人事ではないです。っても下から見上げるばかりだけど。
とても気になるので、ぐぐって見つけたサイト貼っとくね。
http://wild-bird-info.com/swallow2/tsubame20.html
いろいろ参考になるかもです。

2017/07/29 (Sat) 13:47 | REPLY |   

ミケル  

>まりちゃん

前回、前々回が順調な子育てだっただけに、まさかの事態でショックが大きいよ(>_<)

詳しいサイトを教えてくれてありがとう!参考になった♪
探すと動画でもツバメの成長記録がたくさんあってとても興味深いよ。
さらに鳥LOVE熱が加速しそう(笑)

2017/07/29 (Sat) 19:10 | EDIT | REPLY |   

Post a comment