FC2ブログ
flower border

BLOG NOTE

管理人の日常

小笠山砦

Category城めぐり
好天の日曜日、前から約束していた友人との『粟ヶ岳』山行。
私にとっては初めての低山登山になるはずが…

駐車場がいっぱいで車が停められず!(>_<)

急遽、予定を変更して『小笠山砦』に行くことに。
小笠山砦と言えば、家康公が掛川城の今川氏真討伐、そして高天神城を攻める際に陣を置いた場所です。

結果的には、こちらに来て正解だったかもしれません。
空いてるうえに時期がよかったためミヤマツツジやヒカゲツツジが見頃で、山城としても魅力満点でした。



IMG_5200.jpg
車で若干道に迷いながら、小笠神社の鳥居に到着。小笠山砦の入口です。

IMG_5248.jpg
車が10台ほど停められる駐車場があり、ハイキングコースなる看板が設置されていました。
広範囲にわたってハイキングコースがあるらしく、結構車が停まっておりました。

IMG_5199.jpg
どこにも『小笠山砦』とは書いてません。とりあえず近場の小笠山山頂を目指すことに。

IMG_5201.jpg
歩きやすそうな山道。

IMG_5202.jpg
階段もあります。

IMG_5203.jpg
高さ3mほどの所にお地蔵さんが!梯子を登ってお参り。

IMG_5204.jpg
20分ほどで小笠神社に到着。

IMG_5205.jpg
展望広場はやや広めの空間。ベンチもトイレもありますが、水道の水は飲めません。自販機もないので注意。

IMG_5206.jpg
200mの山ですが、眺めがいい。霞がかっています。

IMG_5208.jpg
高天神城はどれなのか分かりません…。

IMG_5207.jpg
早くも12時になってしまったので先にお昼休憩にします。風が強い(>_<)

IMG_5209.jpg
お腹もいっぱいになった所でさらに先を歩きます。

IMG_5211.jpg
5分ほどで小笠山砦の碑に到着。やっぱりあったね。周囲が何となくアレっぽい雰囲気になってきました♪

IMG_5212.jpg
堀切。

IMG_5216.jpg
朽ち果てた小さなお社。

IMG_5219.jpg
曲輪っぽいところにベンチが。かなり汚れていて座りたいとは思えない。

IMG_5220.jpg
ミヤマツツジがきれいな花を咲かせていました。

IMG_5221.jpg
3分で多聞天神社に到着。

IMG_5247.jpg
裏にもう一つお社があり…

IMG_5246.jpg
その裏がクサリ場のミヤマ自生区域でした。

IMG_5223.jpg
神社脇に不気味な矢。どういう意味があるのだろう。

IMG_5225.jpg
堀があちこちに。

IMG_5226.jpg
もひとつ鳥居をくぐり…。

IMG_5227.jpg
いよいよ山頂を目指す。

IMG_5229.jpg
狭い土橋が多いので、慎重に進む。

IMG_5230.jpg
5分で頂上に到着。初めての三角点!

IMG_5231.jpg
頂上は小さいプレートがあるのみでした。

さて、引き返そうかと話をしていたら、年配のご夫婦が声をかけてきました。

「もう帰るの?ここまで来たら六枚屏風まで行かなきゃ」
「ミヤマが綺麗だよ。六枚屏風のほうへ行ってごらん。群生してるから」
「黄色いツツジも咲いてるよ」
「道が狭いから気をつけて」

と嬉しいアドバイスを頂きました。
そう言われたら行くっきゃない!ということでさらに前進。

IMG_5233.jpg
頂上の先の二股を右に曲がり…

IMG_5234.jpg
やや下り坂を進んでいくと…

IMG_5235.jpg
「板沢・子隣 掛川駅」の看板が。特に六枚屏風とは書いていないですが、そこを降ります。

IMG_5237.jpg
そこからは急な下り坂、道幅は30cm、しかも左側は崖で落ちたら大変!ゆっくり慎重に進みます。
でもミヤマが綺麗です!

IMG_5242.jpg
本当に群生しています。木々が斜面に斜めに生えています。

IMG_5241.jpg
葉が出る前に花だけが咲くのですね。

IMG_5239.jpg
黄色いつつじを初めて見ました。ヒカゲツツジと言うそうです。

IMG_5240.jpg
ミヤマとヒカゲが同じ時期に咲くのは珍しいそうです。別のおじさまが教えてくれました。

IMG_5245.jpg
遠くに見える岩場のようなものが六枚屏風でしょうか?

しかし、そこへ行くにはさらに急な下り坂を降りねばならず、降りたら上がってこれないような気がして、残念だけどここでリタイアしました。もう少し体力つけていつかまたリベンジしたい!そしてほかのコースも歩いてみたいです。

ところで、途中で声をかけてくれたおじさまは、なんと冒頭のハイキングコースマップを作った方でした!
いろいろな出会いがあるものです。

2時間半ほどのハイキングでしたが、小笠山は粟ヶ岳より面白かったかも。

0 Comments

Post a comment