FC2ブログ
flower border

BLOG NOTE

管理人の日常

城郭講演会へ

Category日常
20180729.jpg

台風一過で太陽ギラギラの蓮花寺池公園。暑さでハスが大増殖!

今日はここで<第4回>「織豊城郭から近世城郭へ」 加藤理文氏(日本城郭協会理事)
の講演があり出掛けてきた。

すでに、
<第2回>「城をイラストで復元する」香川元太郎氏(城郭復元イラストレーター)、
<第3回>「縄張りから読み解く戦国の築城」西股総生氏(城郭・戦国史研究家)
も拝聴してきており、どの回も大変興味深く、楽しい講演だった\(^o^)/

客席はおじさんが多いが、意外に女性も結構いた。

加藤氏は中学の現役社会科教師でもあるため、流れるように喋る。
まるで社会の授業を聞いているみたいだった(笑)

加藤氏曰く、

「一番の難攻不落城は大坂城」

だそうだ。
大坂城と言えば徳川家康が落とせなかった真田丸が有名。
今では学校の校庭になってしまい、見る影もないようで残念だ。
大坂城はまだ行ったことがないので、いつか行ってみたい所。

そして、

「2番目は熊本城」だそうだ。

3階建て門、5階櫓、天守いっぱいとか。西郷隆盛も落とせなかった。加藤清正すごい!
もうすぐ「西郷どん」で出てくるらしいけど?
熊本城は20代の頃に行ってるけど、ほとんど記憶がない(>_<)
唯一、石垣が見上げるほど高かったのを覚えている。
現在は復興中で中に入ることはできず、周囲から眺めるのみで残念( ノД`)シクシク…

近世城郭の始まりは、信長の造った「安土城」であり、石垣、瓦、石垣の上の建物が特長。
そこから福島正則や黒田長政らによって強固な城が数多く造られたが、
軍事拠点として建てられた城は複雑で、城主を選ぶ…つまり誰でも使える訳ではなかった。
それに対し、慶長9年(1604年)以降の徳川幕府の城は無駄を省いた標準化された城だったため、
どの城に誰が入っても使えたと言う。
今で言う「コンビニ」のようなものだとか。面白い。

近世城郭も時代の流れで変化していったのだと解ると、講演会に来た甲斐もあるというもの。
学校じゃ教えてくれなかったような~?てか、忘れてる?
この歳になって城とか…自分でも信じられない。
今更ながら収穫の多い講演会だった。


「香川元太郎城郭原画展in藤枝」は今日が最終日だったので、もう1回観てきちゃった!

0 Comments

Post a comment