FC2ブログ
flower border

BLOG NOTE

管理人の日常

丹沢山/初めての山小屋泊 ~1日目~

Categoryウォーキング・登山
登山教室もついに泊まりが始まりました。
(不安で)夢にまで見ていた山小屋です。

今回の山は、神奈川県にある丹沢山(たんざわさん)。
標高はそれほど高くはありませんが、富士山や街の夜景が望め、様々なルートがあり人気の山です。
以前から行ってみたい山だったので、すごく楽しみにしていました♪

IMG_8276.jpg
コースは、秦野ビジターセンターにある大倉登山口から大倉尾根を歩いて、まずは塔ノ岳(とうのだけ)へ。
1日目は塔ノ岳の尊仏山荘(そんぶつさんそう)に宿泊し、2日目はさらに先にある丹沢山まで歩き、
帰りは来た道を戻るという1泊2日の山旅です。

実は、大倉尾根は通称「バカ尾根」と言われ、アップダウンがほとんどなくただひたすら登りが続くとか。
標高差は1,100mあります(;´Д`)
それさえなければ不安材料は山小屋だけで済んだのに…。本当に登頂できるか心配でした。

天気はというと、前日の豪雨がうそのような晴天。一日早かったら最悪だった!
つくづく天気にだけは恵まれてるワタシ。でも気温は高く、この日は下界の最高気温26度の予報(-_-;)

IMG_8207.jpg
秦野ビジターセンターに到着したのは、昼の11時半過ぎ。
この日の参加者は13名。だんだん人数が減ってくる(笑) 男女比は女性優勢。
このうち山小屋泊が初めての人は、私を含めてわずか3名。どゆこと??登山教室じゃないんかい!
ますます不安。。

体操をして、トイレと身支度を整え12時出発。

「山頂目指してがんばるぞー!」(ガイドさん)
「おーーーっ!」(生徒)


IMG_8209.jpg
最初はなだらかな樹林帯の歩き。涼しい風が気持ちいい~♪この辺りまではよかった…

IMG_8210.jpg
1時間で見晴茶屋。泊まれる山小屋ですが平日はやっていません。トイレあり。
ここから大倉尾根の急登が始まります( ̄▽ ̄;)

IMG_8211.jpg
フ~フ~言いながらきつい坂を歩きます。画像でキツさ加減が伝わるでしょうか?

IMG_8212.jpg
暑さでヘロヘロになりながら次の茶屋「堀山の家」に到着。ここも平日休業。
人気の山だけに平日でもすれ違う人多し。

IMG_8213.jpg
こんな階段がひたすら続くのです。上は見ないで登ろう。

IMG_8214.jpg
振り返ると景色がいい。雲が多いですが遠くに太平洋が見えます。

IMG_8215.jpg
出発から3時間40分後、次の茶屋「花立山荘」に到着。
堀山の家から花立山荘までがめっちゃキツかった~~!(T_T)

つらい山行ですが嬉しい出来事も。

IMG_8216.jpg
なんとすぐそばで鹿と遭遇!疲れが吹き飛びました。
植物を食い荒らす鹿ですが、見れば可愛いのよね。2頭いましたよ。

ここからさらに急登は続き、しゃがみ込む者、足を痛める者が出てくる。
みんなヘトヘトでスローダウン。
登山ガイドさんが「もうあと少し」「がんばりましょう」とか励ましてくれるんだけど誰も返事しない(^^;
それくらいみんな疲れていました。

IMG_8221.jpg
そして出発から4時間40分、ついに塔ノ岳山頂に到着!!!

もう~こんなつらい思いして辿り着いたの初めてだよ!
よく頑張ったよ自分!

標準時間は3時間半なので、かなりゆっくり歩いてきたんですねー。

IMG_8219.jpg
とりあえず記念写真を。塔ノ岳(1,491m)
ガスって景色何も見えない…

歩けと言われても、もう一歩も歩けない(;´Д`)

IMG_8223.jpg
今夜お世話になる尊仏山荘です。砂漠の中のオアシスのような存在です。

IMG_8224.jpg
中に入ると暖かい。寝室は2階です。途中に靴箱があり、そこに靴を入れます。

IMG_8227.jpg
中央に廊下があり、左が個室、右が繭棚タイプの大部屋になっています。

IMG_8230.jpg
私たち女性は個室を使わせてもらえました。(6人と4人で1部屋ずつ)
私は6人部屋へ。角部屋なので窓から外が見えます♪(曇ってるけど)

IMG_8228.jpg
こちらは男性陣の大部屋。1区画に通常で9人が寝られます。2階もあります。
布団は既に敷いてあり、どこでも好きな場所に寝られます。

この日は平日と言うこともあり、他に11名の個人客だけでした。
空いててラッキー(^^)v

IMG_8225.jpg
トイレは洋式水洗でペーパーもありますが、流せないので所定の汚物入れに入れます。
水が茶色いのは雨水だからか?バイオトイレということですが、ちょっとニオイが気になりましたね…(-_-;)

IMG_8226.jpg
手洗い所もありますが、水は飲めません。

夕飯は18時で、それまでは自由時間です。
お部屋に入り、ようやくホッと一息つくことができました。
疲れた脚のストレッチをしたり、同室の方とおしゃべりしたり。
ここにきて、やっと一緒に参加した人たちの顔をまじまじと見れた(笑)
歩いている間は、自分の事で必死ですからー。

IMG_8229.jpg
夕飯はカレーです!付け合わせもあってボリューム満点!
カレーは辛くなく、非常にマイルド。よく煮込んであり美味しかったです。

山小屋の食事としては普通レベルですが、水も食料も担いで荷揚げしなければならないことを考えたら残せません!
普段こんなに食べないのに完食しました(´ー`)

消灯は20時。消灯時間を過ぎると山荘内は電気が消されて真っ暗になります。
暗くなる前に明日の準備をしなくては!
明日は山荘に余計な荷物を置いて丹沢山まで行けるのでその仕分けを。少しは楽に歩けると思います。

外は曇っていて、念願の街の夜景は観ることが出来ませんでした。残念(;_;)
明日の朝の富士山に期待しましょう。

ということでおやすみなさーい!

と言いたいところですが、、、

全然眠くない!!!

だってまだ20時ですよ。
いくら疲れているとはいえ、そんなに早くは寝られません。

ところが周りの皆さん、早くも寝息を立てて就寝モード(@_@)
良く寝られるなぁ。。
遠くのあちこちからいびきも聴こえてきてそれはまぁいいのですが、
布団と枕が私には合わなくて体が痛くなってしまいました。

山小屋の夜は修行の場でありました…。

電気が消えたあと真っ暗闇かと心配でしたが、窓の外がなぜか明るくてほっとしました。


2日目に続く

0 Comments

Post a comment