FC2ブログ
flower border

BLOG NOTE

管理人の日常

那須岳を登り歩いてしか行けない秘湯に泊まってきた~1日目~

Categoryウォーキング・登山
1泊2日の登山ツアーで栃木県にある那須岳に登ってきました。

日本百名山でもある那須岳は、主峰茶臼岳(1,915m)、朝日岳(1,896m)、三本槍岳(1,916m)の3座の総称で、今回は茶臼岳と朝日岳をピークハントしました。
泊まった宿は、アクセスが徒歩のみという秘湯、三斗小屋(さんどごや)温泉の旅館『大黒屋』さんです。
山小屋ではなく旅館であり、食事もおいしいとのことで前から行きたかったお宿。
今回は山より温泉が目的の登山でした!(^^)!

那須の天気は曇り。
全国的に梅雨に入った所も多く、さすがの晴れ女も今日ばかりは雨を覚悟しました(~_~;)

登山口までのアクセスは、東北道那須ICから約20kmの那須ロープウェイ「山麓駅」。
12時40分発のロープウェイに乗り、「山頂駅」まで一気に上がります。

IMG_8348.jpg
ロープウェイから見た外の景色。今にも雨が降ってきそう。

IMG_8350.jpg
わずか4分で山頂駅(1,690m)に到着。標高300mをかせぎました(・∀・)
天気予報と天気図が貼ってありました。

風速10m!?(@_@)

IMG_8405-2.jpg
今回のコースは、一日目(青):山頂駅→茶臼岳→峰の茶屋跡避難小屋→三斗小屋温泉泊。
二日目(緑):三斗小屋温泉→隠居倉→熊見曽根→朝日岳→峰の茶屋跡避難小屋→那須岳登山指導所へ下山。

IMG_8351.jpg
出発は遅めの12時50分です。周囲は霧が立ち込めていましたが、雨はまだ降っていませんでした。
このあと降るか降らないか分からないので、最初からレインウェア、ザックカバー着用。
初めてのレインウェアです(^▽^;) 視界はほとんどなし( ノД`)シクシク…

IMG_8352.jpg
那須岳は活火山で、今も蒸気や火山ガスを噴出しているところがあり、ときおり硫黄のニオイもします。
茶臼岳までは緑がなく、大小の岩ばかりで殺風景な登山道です。

IMG_8353.jpg
ガッスガスで眺望は全くありません。晴れていたらさぞかしいい景色なのでしょうね。
雨がポツポツしてきました。気温が低いのでレインウェアを来ていても暑さはそれほどでもなかったです。

IMG_8354.jpg
茶臼岳の鳥居が見えてきました。もう少し!

IMG_8355.jpg
約50分で茶臼岳山頂に到着です。ほんと殺風景。

眺望もないのでさっさと下山し、峰の茶屋跡避難小屋に降りて行きます。
峰の茶屋跡避難小屋は、茶臼岳、朝日岳、三本槍岳の分岐点にもなっている要所です。
ここは風の通り道になっているとかで、強風が吹くことで有名な場所。本当に強風が吹いていました(>_<)
しかも風雨!!!ザックが風に持っていかれる感覚を初めて味わいました!
写真なんて撮ってる場合じゃありません。よろける~~!

私は最初からレインウェアを着ていたので良かったですが、中には着ていない人もいたんですね。
たぶん降ってきたら途中で着ればいいやと思っていたみたいですが、ツアーだとすぐに止まってくれないのであっという間にビショビショに。可哀想でした。
そのための避難小屋なのかなーって思いましたね。
怪しい天気の時は、最初からレインウェアを着るが正解ですね!

IMG_8357.jpg
なだらかな道を歩き沼原分岐まで降りてきました。樹林帯が嬉しい^^

IMG_8358.jpg
なんとー!憧れのイワカガミがいっぱい咲いていました(≧▽≦)
これ見たかったんです。可愛いですぅぅ!

ところで今晩の宿「大黒屋」はまだかー!?

IMG_8359.jpg
分岐から20分歩き、15時50分にようやく三斗小屋温泉に到着。
トータルで3時間の歩程でした。

三斗小屋温泉には現在2軒の旅館があります。左が「大黒屋」で、右が「煙草屋」です。
大黒屋は旅館に雰囲気が近く、煙草屋は山小屋に近い雰囲気なんだそうです。
三斗小屋温泉の歴史は古く、1143年に発見された温泉地だそうで、明治時代には旅館が5軒あったそうです。

IMG_8360.jpg
ひょ~!なんかすっごい歴史ありそうな建物です。こちらは本館で…

IMG_8361.jpg
こちらが新館。新館は私たちの貸切だそうです。
この日、本館にはクラブツーリズムの団体さんが泊まっていました。
お風呂で一緒になったので話を聞くと、朝日岳、茶臼岳、三本槍岳の縦走ツアーだそうです。(私たちよりレベルが上だわ)

IMG_8362.jpg
湧水がありました。飲料可。

IMG_8363.jpg
お部屋は女性は2階の個室で、2人部屋、3人部屋、4人部屋と選べました。(男性は1階の大部屋→ひどい扱い)
知らない人と2人部屋じゃ気まずいと思い、4人部屋にしました。話もいろいろしたいし。
なんとお布団が羽毛でした!しかもシーツがあり、枕カバーも清潔そうです。
山小屋じゃないってなんて素敵なの!今夜は寝られるかも~~。

IMG_8364.jpg
新館に乾燥室はないので、雨具はすべて廊下のワイヤーに干す形。なんか乾かなさそう…(-_-;)

IMG_8365.jpg
お部屋は角部屋で(前回の尊仏山荘と似ている)、窓から新緑を眺めることが出来ます。

IMG_8366.jpg
窓から本館が見えます。渡り廊下で繋がっています。

IMG_8376.jpg
夕食まで時間があったので、先に温泉に浸かってきました。
岩風呂と大風呂があり、1時間ごとに男女の入れ替え制です。

泉質はアルカリ性単純泉。石鹸やシャンプーは禁止。ドライヤーもないのでただ浸かるのみ。
大風呂は桧で出来た深さのある枡形の湯舟が二つで熱めとやや熱め。
岩風呂はこじんまりとしたぬるめ。脱衣所にしか電気がないので、暗くなると浴室は真っ暗です(笑)
自家発電なので電気は貴重。仕方ないですね。どちらもとってもいいお湯でした(#^.^#)

IMG_8367.jpg
さっぱりした後は、お待ちかねの夕食です。
17時20分に1階の大部屋で全員でお膳を囲みました。
旅館と思うとやや質素ですが、山小屋と思えばこれで十分です。
サーモンのフライ、茄子とひき肉の洋風麻婆、とろろ汁、ほうれん草のお浸し、フルーツ、香物、マイタケの味噌汁、ご飯。
どれもが大変おいしく、ご飯もおいしい!特にサーモンフライがめっちゃ美味しくてびっくりしました。
ごちそうさまでした。

他には、トイレは和式水洗でとても綺麗。ペーパーもあり流せます。
洗面台あり。水は使えますが、硫黄の混じった温泉なので飲料は不可。
部屋にコンセント、暖房はありません(廊下にストーブあり)。浴衣なし。お茶セットとポットが置いてありました。

消灯は21時でした。
携帯は電波が届かないのですることがなく、雑誌類は本館にしかなく、暇で暇で!
寝る以外にないのですが、今回もやっぱり寝られなかった…(>_<)
みんな!なんでそんなにすぐに寝られるの!?

そしてやっぱり背中と首が痛くなる。羽毛は暖かかったんですけどねぇ。。

明日は晴れるといいなぁ。


2日目に続く

0 Comments

Post a comment