FC2ブログ
flower border

BLOG NOTE

管理人の日常

スマホをキャリアから格安SIMへ乗り換える ②

Category日常
前回の続き

ようやく機種代金を払い終え、晴れて格安SIMを選ぶことができるようになりましたが、
世の中にはたくさんの格安SIMがあり、どこを選んでいいのかさっぱりわかりません(・・?

でも、格安SIMはほとんどが大手キャリア3社のいずれかの回線を間借りしているので、
キャリアが決定すれば自ずと格安SIM候補が絞られてきます。

今までがソフトバンクだったので、次もソフトバンク系のほうが安心か?とも思うのですが、
ソフトバンクは山間部では電波状態があまり良くないということがわかり、
これからも登山をするなら、山間部でも電波が届きやすいドコモ系のほうがいいかもと思い始めました。
ソフトバンクも将来的には山間部もクリアできるかもしれないけれど、現時点ではまだ様子見。
au系なら、最速のUQモバイルで決まりですが、auは考えていないので今回は対象外です。

とりあえず自分の携帯使用状況を踏まえつつ、自分に合ったSIM、料金などを調べていくつかピックアップしてみました。

・ソフトバンク系iPhoneをSIMロック解除して、ソフトバンク系格安SIMに乗り換える

<ワイモバイル>
メリット
     ・ソフトバンクのサブブランドで実店舗もあり安心
     ・速度がソフトバンク並みに速い
     ・アプリの年齢認証OK(LINEでID検索ができる)
     ・MNP対応で電話番号そのまま引き継げて、手持ちのスマホもOK
     ・ワイモバイル会員はヤフーショッピングでTポイント5倍
     ・ヤフージャパンカードでの支払いでTポイント12倍
デメリット 
     ・2年単位の契約(自動更新)で、契約期間中の解約には契約解除料9,500円(2019年6月現在)がかかる
     ・データ量が繰り越せない
     ・料金は他の格安SIMと比べるとやや割高
     ・ソフトバンク系なので、山ではゴミ

スマホプランS (おうち割光セットなし)
 料金 2,980円(最初の1年間 1,980円)
 容量 2GB(最初の2年間 3GB)
 通話 10分以内なら何度でも無料(10分超過の通話 20円/30秒)
 メール送信 SMS 3円/通 MMS 無料

<LINEモバイル>
メリット
     ・LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使えるので、動画送信やビデオ通信にオススメ。
     ・LINEの年齢認証ができるのでLINEのID検索が使える
     ・ソフトバンク回線/ドコモ回線/au回線選択可。ソフトバンク系が比較的速度が速い
     ・余ったデータ量の繰越OK テザリングOK
     ・LINEアプリで繋がっている家族や友だちにデータ通信量をプレゼントできる
デメリット
     ・SNS系をあまり使わない人にはお得感がない(ツムツムは対象外みたいです…)
     ・ソフトバンク系なので、山ではゴミ

コミュニケーションフリー 音声通話SIM
 料金 1,690円
 容量 3GB
 通話 従量制 10円/30秒 (10分電話かけ放題オプション 880円あり)


・ソフトバンク系iPhoneをSIMロック解除して、ドコモ系格安SIMに乗り換える

<IIJmio(アイアイジェイミオ)>
メリット
     ・大手キャリアが関与しない独立系格安SIMの中では、信頼性が一番高い
     ・通信障害がほとんどない
     ・通信速度は普通~やや速い
     ・時間による通信速度の変動がほとんどない
     ・料金が安い
     ・ドコモ系とau系に対応し、ドコモ系のほうが速くて安定している
     ・2年縛りがないので自由に機種変更が可能
     ・余ったデータの繰越、テザリングOK
     ・2年以上契約で3GB/年プレゼント
デメリット
     ・料金プランが少ない印象
     ・大手キャリアが関与してないがゆえにちょっと心配

音声通話機能付きSIM みおふぉん ミニマムスタート
  料金 1,600円
  容量 3GB
  通話 20円/30秒
   「みおふぉんダイアル」アプリ利用時 10円/30秒
   「ファミリー通話割引」利用時 16円/30秒
   「みおふぉんダイアル」と「ファミリー通話割引」を併用して利用した時 8円/30秒
   「月額830円の通話定額オプション」 10分以内の国内通話無料、超過時は10円/30秒
   「月額600円の通話定額オプション」 3分以内の国内通話無料、超過時は10円/30秒

<BIGLOBEモバイル>
メリット
     ・老舗のKDDI系列で安心
     ・ドコモ系とau系があり、速度は比較的早い
     ・月額480円のエンタメフリーオプションでYoutubeやAbemaTV、amazon music等が見放題聞き放題。
      しかも別回線なのでストレスフリー
     ・通話料金が9円/30秒で最安水準
     ・通話オプションが豊富(いつでも申し込み、解約自由)
     ・余ったデータの繰越ができて、テザリングも出来る
     ・違約金なしでドコモ回線のタイプDからau回線のタイプA、もしくはタイプAからタイプDへ変更をすることができる
     ・月額料金の支払いに使えるGポイントが毎月少しもらえる
デメリット
     ・ドコモ回線の速度は、時間によって遅くなることがある
     ・最低利用期間内(12ヶ月)に音声通話SIMを解約した場合、契約解除料として8,000円(税別)の支払いが必要

タイプD 音声通話SIM
  料金 1,600円
  容量 3GB
  通話 20円/30秒
   BIGLOBEでんわアプリ:9円/30秒
   かけ放題:(3分・600円 10分・830円)
   通話パック:(60分・600円 90分・830円)

<mineo(マイネオ)>
メリット
     ・ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線あり、相互に変更可能(2,000円)。
     ・ドコモが比較的速い
     ・通信障害が少ない信頼性の高い格安SIM
     ・MNPせずに解約する場合、いつでも解約手数料が無料
     ・ 余ったデータをmineoユーザみんなでシェアできるフリータンクがある
     ・パケットギフトで家族や友達、知人に自分のデータをあげることができる
     ・余ったデータの繰越可、テザリングもOK
     ・マイネ王というコミュニティサイトがあるので疑問点など聞くことが出来る
デメリット
     ・契約から12ヶ月以内だとMNP転出手数料が1万1500円かかる。1年を超えるとMNP転出手数料は2000円。
     ・大手キャリア資本なしの独立系MVNOなので、やや不安感あり

 ドコモプラン デュアルタイプ(通話SIM)
 料金 1,600円
 容量 3GB
 通話 20円/30秒
  mineoでんわアプリ:10円/30秒
  10分かけ放題:月額850円 (超過後10円/30秒)
  通話定額30:月額840円で30分の無料通話 (超過後20円/30秒)
  通話定額60:月額1680円で60分の無料通話 (超過後20円/30秒)


格安SIMは、今までのキャリアSIMで普通に出来ていたことが出来なくなる可能性が高いため(速度の問題とか)、ある程度の不満が出てくるのは仕方ないのかなという印象ですが、その分月額料金を低く設定してくれているので有難いです。

速度低下の時間帯が、平日12時~13時、朝、夕方ということなので、この時間帯を外せば何とか不満なく使えそうな気はします。
ドコモ系にすることで大方気持ちは決まっていたけど、マイネオにするかBIGLOBEにするかでかなり迷いました。

で、結局選んだのがBIGLOBEモバイルです。

決め手は、エンタメフリーオプションと通話料の安さです。
amazon musicを外出先でも垂れ流せるところが魅力。
電話はあまり掛けないけれど使ったとしても30秒9円は安く、たくさん掛けた月は支払までにオプション付ければOK、要らなくなればまた外せるのも嬉しいサービス。
実質、基本料金1,600円+エンタメ480円+通話料ということになります。(2,080円+通話料)

いよいよ乗り換えに向けてGO~!(・ω・)ノ

0 Comments

Post a comment