FC2ブログ
flower border

BLOG NOTE

管理人の日常

新学期が始まりました

Category子供
20070903134658.jpg

今日から2学期が始まりました。9月1、2日も休みというお得な夏休みを終え、ミケは自由工作のガシャポンを後生大事に抱えて学校へ登校。私も初日から旗振り当番。慌しい1日の幕開けとなりました。

写真はそのガシャポンです。
結局カプセルの詰まりは解消せず、数を7個に妥協して仕上げました。四苦八苦して作った割には外観はシンプルです。色はトール用のアクリル絵の具で塗りました。普通の絵の具と違ってやっぱり仕上がりが綺麗。ムラがない。暫く使ってなかったけどこんなところで役に立って良かった!
学校でミケが先生から「リサイクル工作コンクールに出品したら?」と言われたらしい。
おおお、先生、さすがお目が高い!(笑)
実は私も「これ絶対ウケるよ」と出品提案したのだけど、その時ミケは「そんなの面倒くさいから出さない」なんて言ってたのだ。でも、先生には「出す」と答えてしまったらしい。嫌だとは言えなかったのね。
…てことで、急遽写真2枚と原稿用紙1枚に作品の材料、工夫したところ、感想などを書いて提出することになりました。うちのプリンタは調子が悪くて印刷できないので、近くのフォトショップにメディアを持って走る。1枚30円であっという間に焼いてくれたので助かりました。
あとは原稿だけ。それなのにミケはベッドに寝転がってジャンプを読んでいる。
ちょっと!やる気あるの?
「工夫したところはねぇ…」と、私が替わりに先生に力説したいくらいです。でもそれは絶対に出来ないので我慢する。辛いな、私。(や、ミケだって10倍がんばったけどさ)
こんなに嬉しいのは親子で一緒に作ったからだと思います。よく親が手伝ってしまうのは子供のために良くないなんて言うけど、多少の助言とかなら許される範囲ではないでしょうか。ていうより、ついつい手伝いたくなってしまうのよね~。それは子供が不甲斐ないからではなくて、自分も子供の頃に戻った気分になって作ってみたいからなんだと思うのです。子供と一緒にああでもないこうでもないと言いながら作り上げていく過程は本当に楽しかった。
今の世の中、宿題代行業なんてサイトに頼む親もいるようだけど、せっかくなら一緒に考えて悩んで不満足でもそれなりに作り上げたほうが断然子供のためになると思うのです。
来年はどんなものができるか楽しみです。

2 Comments

こういうのが作りたくてタマラナイ!  

ガシャポン台の作り方教えてください!!
すごくこういうのに興味があります!!
       小6談

2007/09/03 (Mon) 22:12 | REPLY |   

ミケル  

コメントありがとうございます。
作り方は、口で説明するのは中々難しいのですがとりあえず大まかな所だけ書きます。基本的な構造は、カプセルを1個ペットボトルの切りかき部分に落とし、1回転させて下から出す、というものです。但し完璧なものではありませんのでご了承ください(^^;)

材料

 箱(同じ大きさでフタ付き)2つ ウチは19×19×13.5のラッピングボックス(100均)使用
 ペットボトル 500ml
 透明シート(100均)
 スポンジ(ペットボトルの受け用。激落ちくんとかでもOK)
 空きカプセル
 ダンボールの板
 ハンドル用取っ手(100均。なくても可)
 ボンド、両面テープ、ハサミ、カッター など

工程

1、上の箱に窓を開け内側から透明シートを貼る。(窓は下まで開けない方がボロ隠しにあとあと便利です)
2、下の箱にペットボトル口用の穴を開ける。位置はほぼ真ん中、直径3.3cm。
3、ペットボトルにカプセル受け用の切りかきを作る。ボトルの半分くらいまで切ってOK。
4、ペットボトルのお尻の下に置く台をスポンジで作る。スポンジを適当な大きさの直方体にカットしておき、その上でボトルが回転するよう直径7cmの半円(=ボトルの直径)でくりぬく。この時ボトルが水平に保たれるよう注意。できあがったらスポンジを箱の底に固定。
5、下の箱にカプセルの取り出し口を作る。高さ9cm×幅8cmくらい。フタは切り取らないで利用。
6、下の箱の底にカプセルが取り出し口に向かうようダンボール板でスロープを作る。基本的にはペットボトルの下は右から左への横方向、左半分は奥から手前への縦方向の2段階スロープで出てくると思います。
7、ペットボトルをセット。
8、上下の箱同じ位置にカプセルを落とすための穴を開ける。位置はだいたいペットボトルの切りかきの真上。大きさはカプセルが1個スムーズに落ちる程度。直径10cmくらい?ここは一番苦労したところです。何度もカプセルを落としてみて大きさや位置を修正してください。
9、穴の位置が決まったら、上の箱の底にもスロープを作る。穴に向かってカプセルが落ちるようにしてください。
10、上下の箱をくっつける。
11、ハンドル用取っ手をペットボトルの口にボンドでつける。ボトルの切りかきが上の状態の時ハンドルの切りかきが左、がニュートラル位置です。
12、色塗り。回す方向(右)へ矢印を描いたり。できあがりです。

カプセルが2個一緒に出てきてしまう時は、下の箱の天井(ペットボトルの左側)にダンボールの板でストッパーをつけると解消します。
大体の流れを書いてみましたが、分かりずらかったらごめんなさい。これはあくまでもウチの作り方なので他にもいいアイデアがあるかもしれません。ご自身でいろいろ工夫して作ってみてください。

2007/09/04 (Tue) 08:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment